トップ 靴屋ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

靴屋ナビ靴修理・お手入れの基本 > 靴修理に出す見極めポイント

靴修理に出す見極めポイント

スポンサードリンク

靴修理に出す見極めポイントの画像

革底の減り具合のチェックの仕方
大きなポイントは3箇所。
A:つま先の減り具合はどの程度か。
B:底の真ん中を指で押してみて、へこみ具合をチェック。
指で押してペコペコと動くようであれば交換時期が近づいています。
C:リフト(かかとのゴム)とヒールの減り具合はどうか。

A・つま先部分の減りだけが気になる場合
aのつま先から先の部分を交換します。
専門用語ではトゥチップとか先小当(さきこあて)とか先張り(さきばり)などと言います。

修理代の目安は2000円~2500円前後です。

B・つま先も減り、靴の真ん中辺りの革も薄くなっている場合
〈選択:1〉半張り、もしくはハーフソールと言われる、bから先の部分を張り替える方法。
修理代金の目安は革素材で直すと5000円~7000円前後です。
安く済ませるには、ゴム張りという、減った箇所に上からラバーのシートを張り付ける修理方法があり2000~3000円程度です。
こちらの方法は当面の応急措置として考えてましょう。

〈選択:2〉・オールソールする。
底材全体とヒール、リフト(かかとのゴム)全てを交換する方法。
金額の目安は10000円~15000円前後です。

仕上がりはこちらの方が綺麗になります。

C・かかとのヒールとラバー(リフト)の減りが気になる場合
リフト交換は、面の大きさにより1000円~2000円前後、ヒール部分まで減ってしまった場合は、ヒール交換となり5000~8000円前後かかります。
ヒールが削れてしまう前に、リフト交換するよう心がけましょう。

かかとのヒールとラバー


スポンサードリンク
靴屋ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。