トップ 靴屋ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

靴屋ナビ革の種類別お手入れの注意点 > 布製品のお手入れ

布製品のお手入れ

スポンサードリンク

布製品のお手入れの画像

キャンバス素材
主に、スニーカーを中心としたカジュアルシューズには、キャンバスと呼ばれる綿や麻などの布を用います。
布製品の靴は、洗う事が出来ると思っていらっしゃる方も多いと思いますが、デザインの一部に革を使った製品には注意が必要です。
丸洗いすると、布の部分に革の色がしみ出てしまうことがあります。
また裏地にカラフルな布を使った製品を洗う場合も、表に色移りする可能性があるので要注意です。

洗う前に、綿棒に水をつけて、目立たない箇所をこすって色落ちのチェックをしてみましょう。
綿棒に色がつくようでしたら、色落ちする素材です。
その場合は洗わず、消しゴムタイプのクリーナーで汚れを落とします。

色落ちしない事が確認できた場合は、紐を取り外し、弱アルカリ性の洗剤で、歯ブラシなどを使って丁寧に洗います。
汚れのひどいものは、つけ置き洗いをしてもいいでしょう。
タオルなどで十分水気を吸い取り、シューズキーパーを入れて形を整え、風通しの良い場所で日陰干しにして乾燥します。


その他の布製品


布製品


シルクサテン、コットンのプリント素材など、エレガントな婦人靴には、綺麗な布を使用した製品があります。
シルクサテンや、グログランなどの布は、色落ちしたり、素材の質感が落ちる可能性がありますので、洗わない方がベターです。
靴をおろす前に、防水スプレーをかけ、汚れがつかないように事前にケアをしておきましょう。
普段からブラッシングと消しゴムで、早めにほこりや汚れを落としておくことが大切です。
布製品は、一度シミが出来ると落とすことが大変難しいため、日頃のケアを徹底しましょう。

スポンサードリンク
靴屋ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。