トップ 靴屋ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

靴屋ナビ革の種類別お手入れの注意点 > 起毛素材の種類と手入れ

起毛素材の種類と手入れ

スポンサードリンク

起毛素材の種類と手入れの画像

起毛(きもう)素材とは
革の仕上げ方法の一種で、表革や裏革を毛羽立たせ、ビロードのような風合いを出した素材のことで、毛足の長さによって名称が変わります。


スエード


スエード

革の裏側を目の細かなサンドペーパーなどで毛羽立たせた素材。
上質なスエードにはカーフなどを使います。
毛足が整ったビロードのようにキメの細かな手触りと、毛足の流れが特徴です。
主に冬の靴素材です。


ヌバック


ヌバック

革の表革(ぎん面)を起毛させたもの。
スエードに比べて毛足が短いことが特徴です。
一般的には春夏の素材と言われ、起毛素材の中で唯一年間通して履ける素材と言えます。


ベロア


ベロア

成牛革の裏面を起毛させたもの。
スエードに比べ毛足が荒く、ボソボソとした印象の肉厚な質感です。
主にカジュアルシューズに使われる素材です。


ハラコ


ハラコ

胎児から生後間もない仔牛の毛皮。
ゼブラ柄、ホルスタイン柄、ヒョウ柄などの様々な柄をプリントをして使うことが多く、婦人靴でよく使われます。



起毛素材の普段のお手入れ


・ 豚毛か馬毛のブラシ
・ 防水スプレー
ほこりを吸いやすい素材のため、履き終わったらすぐにブラッシング。

おろす前に防水スプレーをかけておくと汚れを防げます。
ハラコ以外の起毛素材は、色が薄くなってきたらスエード専用の補色剤を使います。

スポンサードリンク
靴屋ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。