トップ 靴屋ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

靴屋ナビ靴選びの基礎知識 > 靴の微調整

靴の微調整

スポンサードリンク

靴の微調整の画像

新しい靴を購入する場合、履き心地を高めるため、微調整が必要になるケースがあります。
しかし、満足するフィット感を得るために、大幅な調整を加えなければならないとしたら、それは靴選びの時点で何か間違いがあると判断していいでしょう。
後からできる調整には限界があります。
必ず購入前にご自身でしっかりと履き心地を確かめて、足に合う靴選びをすることが大切です。

こんな時は、靴屋さんに相談してみよう


〈1〉 足囲(足幅)が痛む
靴の足幅部分が痛む場合、専用の幅伸ばしの機械を使って、伸ばすことができます。
ただし伸ばし過ぎは禁物。
適切なフィッティングを保てなくなります。
靴の長さは絶対に伸びませんので、サイズ選びは慎重にしてください。

〈2〉 靴の履き心地がゆるくなってきた
靴を履き続けて行くと、革が馴染んで履き心地が緩む場合があります。
あまりブカブカした状態で履き続けると、靴の中で足が動くため、靴擦れの原因や、足のトラブルの元になります。
中敷の中に、一枚パッドを入れてもらう事で履き心地を改善できます。

〈3〉 靴のベルトの穴を追加したい
ストラップのついた婦人靴など、ベルトがゆるい、きついと感じるときは、ベルトの穴を追加で開けてもらえるか確認してみましょう。

〈4〉 アーチのフィット感に違和感を感じる
アーチの部分にパットを入れて、調整が可能な場合があります。
 その他、かかとの芯が固くて痛みを感じる、ステッチが当たる、靴がきしむ
 など、どこかに違和感があったら、気兼ねをせずに靴屋さんに相談してみま
 しょう。
 改善方法を提案してもらえるはずです。

スポンサードリンク
靴屋ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。