トップ 靴屋ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

靴屋ナビ靴選びの基礎知識 > 靴の試し履きチェックポイント

靴の試し履きチェックポイント

スポンサードリンク

靴の試し履きチェックポイントの画像

〈1〉つま先のゆとり「捨て寸」を確認
 靴の先には捨て寸と呼ぶ空間があります。
これは、歩行時の足の動きによ
 る靴との摩擦をさけるため必要な空間です。
目安としては7ミリ~1セン
 チ程度の余裕があり、靴を履いてまっすぐに立ったとき、靴の中で指が自由
 に動くゆとりが必要です。

〈2〉ボールジョイント(足囲)のフィット感を意識していますか?
 親指から小指のつけ根の丸い骨の部分の足囲をボールジョイントと呼びます。
 キツ過ぎず、ゆる過ぎず、適切なフィット感のある靴を選びましょう。

〈3〉アーチ(土踏まず)は気持ちよくフィットしていますか?
 アーチとは、人が歩いたり、走ったりするときのショックを吸収する役目があり、内臓されたスプリングのようなものです。
 歩行時の負担を軽減してくれるアーチのフィット感は、靴選びの重要なポイントとなります。

〈4〉トップライン(履き口)の状態を確認
 足を入れた時に、この部分が当たり痛みを感じたり、ゆるくて開いてしまう
 ものは、靴の形が足に合っていない証拠です。

〈5〉くるぶしの位置は合っていますか?
 かかとには、カウンターと呼ばれる固い芯が入っています。
くるぶしの位置
 が低い方は、履き口に当たるケースがあります。
試し履きの段階で、くるぶ
 しが当たるようであれば購入は控えましょう。

〈6〉かかとのホールド感は?
 試し履きをするとき、とにかく店内をぐるぐる歩き回りましょう。
 
 歩行時にかかとのホールドが甘く、ついて来ない感じのするもの、逆にかか
 とが食い込む感じのするものは、足に合っていないと判断できます。

スポンサードリンク
靴屋ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。