トップ 靴屋ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

靴屋ナビ > 靴選びの基礎知識

靴選びの基礎知識

靴の微調整

新しい靴を購入する場合、履き心地を高めるため、微調整が必要になるケースがあります。 しかし、満足するフィット感を得るために、大幅な調整を加えなければならないとしたら、それは靴選びの時点で何か間違いがあると判断していいでしょう。 後からできる調整には限界があります。 必ず購入前にご自身でしっかりと履き心地を確かめて、足に合う靴選びをすることが大切です。 こんな時は、靴屋さんに相談してみよう 〈1〉 足囲(足幅)が痛む 靴の足幅部分が痛む場合、専用の幅伸ばしの機械を使って、伸ば

スポンサードリンク

靴選びの基礎知識の記事

靴選びの基礎知識のカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

靴の微調整

靴の微調整

新しい靴を購入する場合、履き心地を高めるため、微調整が必要になるケースがあります。 しかし、満足するフィット感を得るために、大幅な調整を加・・・


靴屋さんとのつき合い方

靴屋さんとのつき合い方

頼れる靴屋さんとは? ・ 素材、靴の構造、足の構造など、商品知識が豊富である。 ・ お客様の足の悩みに耳を傾けてくれる。 ・ お客様のデザ・・・


欲しい靴が見つかったらココをチェック!

欲しい靴が見つかったらココをチェック!

〈1〉革の状態を見る 左右の靴のバランスを見ます。 色が極端に違う、型押しの押し具合が極端に違う、革の厚みなど、左右のバランスが悪いものは・・・


靴の試し履きチェックポイント

靴の試し履きチェックポイント

〈1〉つま先のゆとり「捨て寸」を確認  靴の先には捨て寸と呼ぶ空間があります。 これは、歩行時の足の動きによ  る靴との摩擦をさけるため・・・


失敗しない靴選びを

失敗しない靴選びを

靴を買うためにお店に入ったものの、数多くの靴を見て、迷ってしまうことはありませんか?自分にとってベストな靴を選ぶポイントをご紹介します。 ・・・


今日のお勧め記事 ⇒ 起毛素材の種類と手入れ

起毛(きもう)素材とは 革の仕上げ方法の一種で、表革や裏革を毛羽立たせ、ビロードのような風合いを出した素材のことで、毛足の長さによって名称が変わります。 スエード 革の裏側を目の細かなサンドペーパーなどで毛羽立たせた素材。 上質なスエードにはカーフなどを使います。 毛足が整ったビロードのようにキメの細かな手触りと、毛足の流れが特徴です。 主に冬の靴素材です。 ヌバック 革の表革(ぎん面)を起毛させたもの。 スエードに比べて毛足が短いことが特徴です。 一般的には春夏の素材と言

靴屋ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。